無料ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】タイピングの基礎知識拗音や促音の入力【タイピング練習法】

タイピングの基礎知識

拗音(ようおん)や促音(そくおん)の入力【タイピング練習法

タイピングの際には、拗音や促音が出てきます。

拗音(ようおん)とは、簡単に言えば「きゃ」「きゅ」「きょ」のように、1音節が仮名2文字で表されるものです。

■拗音の入力はローマ字表にある通りに「kya」「kyu」「kyo」などと一気にタイピングしますが、例えば「あゃゃゃゃ!」などと意識的に小さな「や」を並べたい場合などは、「ya」の前に「x(エックス)」(※「l」エルでも良い)を打ってください。つまり、「xya」と入力すると小さい「ゃ」になるわけです。

促音(そくおん)とは、簡単に言えば"つまる音"のことで小さな「つ」のことです。
次の文字の子音を2つ打ち込むことで入力できます。

 例)やっぱり →「yappari」
 例)きっと →「kitto」

■タイピングの際に、わざと「あーーーっ!」というように表記したい場合は、「xtu」と入力すれば単独で小さな「つ」が入力できます。

■日本語タイピングに拗音や促音の入力は付き物です。これらをどれだけ効率良く迷わず入力できるかも、タイピングの際のポイントになります。


ここまでは、大丈夫でしょうか!

では次に「タイピング上達のコツ」のステップへ進みましょう。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】

<<タイピングは長期スパンで考える無料ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】のトップへなっとく!パソコン大先生【タイピング練習法】>>

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

タイピング無料ゲーム
【運営ポリシー】
 このサイトは、パソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるようタイピング無料ゲーム等の各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。