ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】コラム(タイピング体験記等)タイピングのきっかけは自分の字が嫌いで

コラム(タイピング体験記等)

タイピングのきっかけは自分の字が嫌いで【タイピング練習法】

■【タイピング練習法】管理人の小生が初めてキーボードに触れたのは大学生の時でした。十数年前のことで、当時はワープロ機全盛の頃。まだパソコンはMS-DOSの時代です。

■とにかく字が汚く、自分の字が大嫌いな私。当時、教員を目指していた私は「黒板にあんな下手くそな字はとても書けない。」と、それだけがネックでした(本当は他にもたくさんあったんですけど・・・笑)。何とか自分の字を書かずに生きる方法はないかと模索していました。

■そんな頃、ちょうど卒論を書かねばならない時期になりました。普通の先生は卒論のワープロ入力不可でしたが、私のゼミの先生は早くから「ワープロ可」、というよりも「ワープロ推奨」派でした。

■私にとっては「渡りに船」。早速、父親の「NEC文豪mini」を借りて練習しました。練習といっても、かな入力を人差し指で探し探し打つので、相当な時間がかかりました。それでも自分の字を公開せずに済むので全く愉快でした。

illust-b4

■話は変わりますが、同じ頃、ドラクエ2を初めてやりました。もちろん、ファミコンの時代です。ズバリ大感動しました、ドラクエ。「こんな面白いものがこの世の中にあったのか!」という感激と「コンピュータってすごいな。」という感動。

■そして、ワープロによる汚字コンプレックス克服の有難さ、ドラクエの奇跡的な面白さによって、私はこともあろうに目指していた教員ではなくコンピュータエンジニアになったのでした。

■でも、決して機械が得意ではないワタシ。子供の頃はコンピュータなどなかったし、大学もバリバリの文系(文学部)、コンピュータといってもドラクエ(ファミコン)しか知らないのです。仕事は苦労の連続でした。もちろん、タイピングも我流もいいところで、相変わらず使うのは人差し指だけです。

■そんな私に転機が訪れたのは、入社5年目でした。

 → つづく
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】


<<タイピングの特訓ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】のトップへ寿司打【タイピング練習法】>>

トラックバック一覧

  1. 1. タイピング ゲームで脳活性も【はなまる情報】

    • [はなまる情報マーケット@はなまる生活応援隊??]
    • 2007年01月05日 18:36
    • いつもコメント・トラバ・相互リンク・ブログランキング応援有難うございます。 私が

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

タイピング無料ゲーム
【運営ポリシー】
 このサイトは、パソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるようタイピング無料ゲーム等の各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。