無料ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】コラム(タイピング体験記等)タイピングの特訓

コラム(タイピング体験記等)

タイピングの特訓【タイピング練習法】

■入社5年目、ある知人からパソコンインストラクターのお話をいただきました。パソコン教室のオープンにあたり、オープニングスタッフとして招かれたのです。

■エンジニアは不向き、と薄々感じていた私は、人を相手にする仕事パソコンインストラクターへと思い切って転職しました。

■パソコンインストラクターになってまず最初にやらねばならないのがタッチタイピング、つまりブラインドタッチでした。人様に教えるのに人差し指では具合が悪いのです。人差し指だけでも十分に速かったんですけどね。そういう問題じゃなく、教える側としてはブラインドタッチでないとダメなんです。

■そこから特訓が始まりました。
私の場合、すでに思いっきりクセが付いていますので、矯正するのに大変でした。

■早速タイピングソフトを購入してやりました。
プラトという会社の「キーボードマスター」です。


■私がこの「キーボードマスター」を選んだのは、ゲーム性を全く求めず、ひたすらシンプルでいち早くタッチタイピングをマスターしたいというのが理由でした。

■毎日必死にやりました。どうしても手(キー)を見てしまうので、手(キーボード)にタオルをかけて見えないようにしてやりました。普段の10倍以上時間がかかっても、とにかく下を見ずに画面を見て打ちました。

■するとどうでしょう。10日目くらいからは、遅いけどキーを見なくても打てるようになりました。毎日時間が少しずつ短縮していくことや、ミスタイピング率が低くなっていくのが楽しく、決して苦痛ではありませんでした。

■続けているうちにどんどん速くなり、1ヶ月もする頃にはタッチタイピングがほぼ完成しました。

■感じたのは、「タイピング上達のコツ」にも書いてあるように、あきらめずに続けることと、絶対に手を見ないことです。それを守って続ければ必ず出来るようになります。

■パソコンインストラクターになってからは、日々、タッチタイピング、ブラインドタッチをマスターしたいという人たちに教えています。最初は厳しい先生だなぁと思われても、最後には必ず感謝されます。皆さん、タタタタタッとタイピングができるようになるからです。

■タイピングは練習によって必ず誰でも出来るようになります。
これが私の実体験です。あなたも必ずタッチタイピングマスターになれますよ。頑張ってくださいね!
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】


<<タイピングで威嚇?無料ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】のトップへタイピングのきっかけは自分の字が嫌いで>>

トラックバック一覧

  1. 1. タイピング ゲームで脳活性も【はなまる情報】

    • [はなまる情報マーケット@はなまる生活応援隊??]
    • 2007年01月05日 18:36
    • いつもコメント・トラバ・相互リンク・ブログランキング応援有難うございます。 私が

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

タイピング無料ゲーム
【運営ポリシー】
 このサイトは、パソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるようタイピング無料ゲーム等の各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。