ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】タイピングの資格タイピング資格に対する私なりの考え

タイピングの資格

タイピング資格に対する私なりの考え【タイピング練習法】

■結局、タイピング系の資格はあまり社会一般では認知されていないというのが正直なところです。

■では、がんばってタイピング資格を取得するのは全く無駄なのでしょうか?

■そんなことはありません。

■結果だけを見れば、認知度の低い資格を持っていても左程効力はないかも知れません。タイピング資格を持っているから就職に有利とか、給与がアップするとか、そういった具体的な優遇もなければ、周りの人に凄いねぇ〜と尊敬されることもあまりないと思います。

■しかしながら、その資格を取るためにあなたはどれだけの時間とお金を使い努力したのでしょうか。

■そのタイピング資格のために使った時間、お金、努力は”絶対に”無駄にはなりません。間違いなくあなたの力になるはずです。
資格を取るという"意欲"と"努力"はプラスにはなれ、マイナスに働くことはないと思うのです。

■例えば、あなたが採用側に立った時を想像してみてください。同じくらいレベルである人AさんとBさんの2人がいてどっちを採用するか迷っていたとします。
Aさんは資格をいくつか持っていて、Bさんは資格はありません。・・・間違いなくAさんが採用されるでしょう!?

■私もコンピュータ系の資格は国家資格から、全く認知度のない資格までいろいろ持っていますが、資格を取る過程から考えてみた時に、マイナスになった資格は1つもありません。もちろんお金だけを見ればマイナスになりますが(笑)。

■ですから、せっかくタイピングを始めたならば、ぜひ資格を目指してみてはいかがでしょうか!

■ただ、できればそのタイピング資格をステップに、次の資格、例えば認知度の高いマイクロソフトの資格などに挑戦するのがいいでしょう。
タイピングはパソコン資格を取るための前提条件、必須条件、と考えると良いと思います。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】


<<北斗の拳 激打SE【タイピング練習法】ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】のトップへタイピングの資格>>

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

タイピング無料ゲーム
【運営ポリシー】
 このサイトは、パソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるようタイピング無料ゲーム等の各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。