ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】入力を速くする裏技Fキーの有効利用【タイピング練習法】

入力を速くする裏技

Fキーの有効利用【タイピング練習法】

■日本語の文章って世界一難しいのではないかと思っています。

■考えてみてください。あなたが今書いている、または打っている文章を。

■漢字+ひらがな+かたかな+アルファベット+数字+記号=日本語

■さらにパソコンのタイピングとなると、半角とか全角が入ってきます。アルファベットにおいては大文字・小文字も。・・・文字種の嵐ですね。

■これらの文字種すべてを通常の変換キー(スペースキー)で対応するのは難しいです。

■そこで便利技として使われているのが「Fキー」です。
「Fキー」は、キーボード最上部に位置し、「F1」〜「F12」まであります。
Functionキー」を略して「Fキー」です。

■1〜12までのFキーのうち、4つを使いこなすだけで、日本語入力が驚くほど楽になります。
まずは、その機能を説明します。突然押しても他の機能になってしまうので、まずは説明を見るだけにしてくださいね。
-----------------------------------
「F7」・・・全角カタカナ変換
「F8」・・・半角カタカナ変換
「F9」・・・全角英数変換
「F10」・・・半角英数変換
-----------------------------------
■つまり、これらのキーは「強制変換キー」(私が勝手に命名−笑)と言います。
例えば、あたなの名前を入力して通常の変換をすると、最初は100%漢字に変換されます。それをカタカナにしたい場合、ローマ字にしたい場合などに便利なのです。

■では早速、使ってみましょう。

流れとしてはこのような流れになります。
--------------------------------------------
【入力】→【Fキー変換】→【確定】
--------------------------------------------
■では、実際に下の手順でやってみてください。

(1)「やまだたろう」と入力します。
  → 変換はしません。
(2)「F7キー」を押してください。
  → 全角カタカナになりましたね。
(3)「F8キー」を押してください。
  → 半角カタカナに変わりましたね。
(4)「F9キー」を押してください。
  → 全角英数に変わりましたね。
(5)「F10キー」を押してください。
  → 半角英数に変わりましたね。
(6)確定の「Enter」キーを押してください。

■なお、それぞれ1回だけでなく、何回か押してみてください。
例えば「F10」キーならば、以下のような順番で変換されます。これまた便利ですよ。
------------------------------------------------
・「windows」→「WINDOWS」→「Windows」
------------------------------------------------
・つまり、「全て小文字」→「全て大文字」→「先頭だけ大文字で以下小文字」

■最後に、1つ注意ですが、普段使われているカタカナ語や英語は、通常の漢字変換(スペースキー)で変換可能です。そちらを使いましょう。
あくまで、通常変換でなかなか表示されないカタカナや英語の時に、1発で思った変換ができるということです。

■それでは、Fキーがあなたのキーボードタイピングのお役に立てることを願って・・・。


<<新世紀エヴァンゲリオン タイピング 補完計画【タイピング練習法】ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】のトップへタイピングを楽に〜システム辞書の登録>>

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

タイピング無料ゲーム
【運営ポリシー】
 このサイトは、パソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるようタイピング無料ゲーム等の各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。