ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】入力を速くする裏技変換モードの有効利用【タイピング練習法】

入力を速くする裏技

タイピングをより速くするために
  〜変換モードの有効利用〜【タイピング練習法】


■「変換モード」ってご存知でしょうか。
画面右下のMS-IMEの「般」と書いてあるボタンです。
ほとんど意識しないし、使ったこと無いでしょう?
クリックしてみてください。

ime-2
■「」とは「一般」の「般」だったんです。一般的な漢字変換を意味します。

■その下の「人名/地名」は、人名や地名を優先した漢字変換になる、ということです。これが結構便利なんです。

■何が便利かというと、住所録や名簿の作成時にとっても便利。

■例えば、「あかし」と入力したとします。一般モードでは最初に「証」と変換されますよね。では、「人名/地名」モードにしてから「あかし」と入力してみてください。「明石」と変換されませんか?

■もう一つ例を。「みどり」と入力して、一般モードと人名/地名モードを比べてみてください。一般的な「緑」と、人名として多く使われているひらがなの「みどり」になります。

■住所録は名前や地名がほとんどです。つまり、住所録の入力を「人名/地名」モードでタイピングすれば、漢字変換のスペースキーを何度も押す回数が減り、入力が速くなるということです。

■単なるタイピングスピードだけでなく、こういった工夫をすれば、漢字変換による遅延を減らし、あなたのタイピングスピードはより一層スピードを増し、早打ちに拍車がかかるって訳です。

■日本語入力って、ブラインドタッチ・タッチタイピングによる早打ちだけでなく、こういった技も取り入れると、格段に便利になりますよ。

■ぜひ有効活用してみてください。
ちなみに、他のモードはあまり使う場面は多くないと思いますが、いろいろ変換して楽しんでみましょう。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】

<<手書きIMEパッド−漢字の読み方が分らない時に【タイピング練習法】ゲームでキーボード練習【タイピング練習法】のトップへMS-IMEで日本語入力を極める【タイピング練習法】>>

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

タイピング無料ゲーム
【運営ポリシー】
 このサイトは、パソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるようタイピング無料ゲーム等の各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。