入力を速くする裏技

MS-IMEで日本語入力を極める【タイピング練習法】

■タイピング(ブラインドタッチ、タッチタイピング)が完成したら、ぜひ覚えておいて欲しいことがあります。

■これを知っていれば、断然日本語入力の幅が広がるといういくつかの機能や技です。これを知っている人と知らない人ではかなり日本語入力の差がでます。

■ということで、これから「MS-IME」という日本語入力システムを使いこなしてみたいと思います。

■普段いつも見ていると思いますが、コレが「MS-IME」です。

MS-IME

■よく見るけど、めったに使わないバーですね。

■実は、すっごく便利な機能があるので、「MS-IME」、ぜひ覚えて使ってください。

■では、まず基本的なところからいきましょう。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】

入力を速くする裏技

タイピングをより速くするために
  〜変換モードの有効利用〜【タイピング練習法】


■「変換モード」ってご存知でしょうか。
画面右下のMS-IMEの「般」と書いてあるボタンです。
ほとんど意識しないし、使ったこと無いでしょう?
クリックしてみてください。

ime-2
■「」とは「一般」の「般」だったんです。一般的な漢字変換を意味します。

■その下の「人名/地名」は、人名や地名を優先した漢字変換になる、ということです。これが結構便利なんです。

■何が便利かというと、住所録や名簿の作成時にとっても便利。

■例えば、「あかし」と入力したとします。一般モードでは最初に「証」と変換されますよね。では、「人名/地名」モードにしてから「あかし」と入力してみてください。「明石」と変換されませんか?

■もう一つ例を。「みどり」と入力して、一般モードと人名/地名モードを比べてみてください。一般的な「緑」と、人名として多く使われているひらがなの「みどり」になります。

■住所録は名前や地名がほとんどです。つまり、住所録の入力を「人名/地名」モードでタイピングすれば、漢字変換のスペースキーを何度も押す回数が減り、入力が速くなるということです。

■単なるタイピングスピードだけでなく、こういった工夫をすれば、漢字変換による遅延を減らし、あなたのタイピングスピードはより一層スピードを増し、早打ちに拍車がかかるって訳です。

■日本語入力って、ブラインドタッチ・タッチタイピングによる早打ちだけでなく、こういった技も取り入れると、格段に便利になりますよ。

■ぜひ有効活用してみてください。
ちなみに、他のモードはあまり使う場面は多くないと思いますが、いろいろ変換して楽しんでみましょう。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】

入力を速くする裏技

手書きIMEパッド−漢字の読み方が分らない時に【タイピング練習法】

■さて、あなたはある本を写しながらタイピング練習をしていますが、漢字の読み方が分りません、ではどうやって読めない漢字を入力しますか?

■そんな時便利なツールがあります。『IMEパッド』です。

■これは、手書きや画数から漢字を探して入力できるものです。しかしながら、画数検索は何百、何千の漢字が出てきてしまうので探すのにひと苦労。例えば3画だとすると、「川、山、小、木・・・」というように延々と数百の漢字が出てきます。現実的ではありませんね。

■便利なのが「手書き」です。よっぽどマウスが苦手な人以外は大丈夫です。では早速やってみましょう

1.下図のように「IMEパッド」ボタンをクリックし、「手書き」を選択します。
ime-3

2.赤丸で囲んだ部分にマウスで漢字を書きます。
ime-4

3.書いている途中から、右側にどんどん書いた字に似た漢字候補が表示されます。

4.探していた漢字が出てきたら、その漢字の上にマウスを重ねれば、読み方が表示されます。
また、その漢字をクリックすれば、文書内に入力されます。

■どうでしょうか。マウスで漢字を書くって難しいでしょう?私は時々わざと汚く適当な字を書いて結果をみて楽しんでいます。いつもいじめられてるコンピュータ、たまにはいじめてみるのも面白いですよ(笑)。

■日本語入力はタイピングだけが早めればOKということではありません。このように漢字が読めない場合、タイピングどころではありませんよね。そんな時にこの「手書き」IMEパッドで解決してください。


入力を速くする裏技

タイピングをより速くするために
〜単語/用例の登録〜【タイピング練習法】

今回は、直接タイピングとは関係ありませんが、間接的に密接なつながりがある機能をご紹介します。

とても便利なのにあまり使われていない機能の一つが「単語/用例登録」です。

私はこの機能を次の2つの使い方で使っています。

●通常の漢字変換で変換されない単語を登録する。
−例えば、私の身内に「ひさし」さんという名前の人がいます。その人の漢字は「緋佐志」なんです。どうあがいても「ひさし」と入力して「緋佐志」という漢字には変換されません。そこで、単語登録をしておくのです。

●長い単語やお決まりの文章を登録しておく。
−例えば、「Microsoft Windows Vista」って入力するのすごく面倒ですよね。
でも、もしも「びすた」と入力して「Microsoft Windows Vista」と変換されたらどんなに楽でしょう。
つまり、長くて面倒な入力を省略形で入力してしまう方法です。

タイピングで早打ちが出来ても、こういったことで止まってしまっては、折角のタイピング自慢が泣きます。タイピングと合わせて是非覚えておきたいものです。

では、さっそく登録してみましょう。

(1)画面右下のMS-IMEの[ツール]ボタンをクリックし、[単語/用例の登録]を選択してください。
ime-5

(2)[読み]の欄にひらがなで読み方を、[語句]の欄に変換したい結果(英語でも漢字でもOK)を入力し、[登録]ボタンを押してください。
ime-6

(3)これでもう登録されていますので、ワープロソフトで登録したひらがなを入力して普通の漢字変換してみてください。例で言うと、「たいぷ」と入力して変換すると、「キーボードタイピング」と一発変換されるはずです。


この機能を有効利用して、あなたの周りの漢字変換されない名前や、入力の面倒な長い単語などをバシバシ一発変換してください。あなたの早打ちタイピングが加速します!

 

入力を速くする裏技

タイピングを楽に!〜システム辞書の登録【タイピング練習法】

タイピングスピードをより一層加速させるための設定しましょう。
加速といっても、練習は不要です。設定をするだけなんです。

まずは下の画像をご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
ime-9

左は設定前、右は設定後です。
左の漢字数に比べて右はスクロールバーが出ています。ということは、漢字がたくさん表示されているということです。人の名前の漢字が出てこないと面倒ですよね。1文字1文字入力して変換しなくてはなりません。

実はパソコンの中には変換用辞書がいくつか入っています。
しかしながら、初期設定では、それらの辞書を使わない設定になっているのです。ですから、それらの辞書すべてを使う設定にすれば変換候補がドッカーンと増えるわけです。

では、設定してみましょう。

(1)[ツール]−[プロパティ]をクリックしてください。
ime-7

(2)[辞書/学習]見出しをクリックします。
[システム辞書]と書いてある欄に辞書がいくつかあると思います。その辞書名の左のチェックボックスを全てチェックしましょう。(グレーのチェックではダメです。黒のチェックがかかるまでクリックしてください。)
ime-8

(3)全てのチェックが終ったら、[OK]ボタンをクリックします。

では、何か文字を入力して変換してみてください。
今までよりずっと漢字が増えているはずです。

顔文字もこのシステム辞書登録をしておけば、たくさん出てきますよ。
「かお」と入力して変換していってみてください。

●さて、いかがでしたでしょうか。
直接タイピングが速くなるわけではありませんが、MS-IMEの機能を使うことによって、入力全体としてのタイピングが格段にスピードアップすると思います。
タイピングは単なるキーボードの早打ちでないことが理解していただけたでしょうか。
これで、あなたのタイピング早打ちに拍車がかかったと思います。
がんばって!

------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】
 

入力を速くする裏技

Fキーの有効利用【タイピング練習法】

■日本語の文章って世界一難しいのではないかと思っています。

■考えてみてください。あなたが今書いている、または打っている文章を。

■漢字+ひらがな+かたかな+アルファベット+数字+記号=日本語

■さらにパソコンのタイピングとなると、半角とか全角が入ってきます。アルファベットにおいては大文字・小文字も。・・・文字種の嵐ですね。

■これらの文字種すべてを通常の変換キー(スペースキー)で対応するのは難しいです。

■そこで便利技として使われているのが「Fキー」です。
「Fキー」は、キーボード最上部に位置し、「F1」〜「F12」まであります。
Functionキー」を略して「Fキー」です。

■1〜12までのFキーのうち、4つを使いこなすだけで、日本語入力が驚くほど楽になります。
まずは、その機能を説明します。突然押しても他の機能になってしまうので、まずは説明を見るだけにしてくださいね。
-----------------------------------
「F7」・・・全角カタカナ変換
「F8」・・・半角カタカナ変換
「F9」・・・全角英数変換
「F10」・・・半角英数変換
-----------------------------------
■つまり、これらのキーは「強制変換キー」(私が勝手に命名−笑)と言います。
例えば、あたなの名前を入力して通常の変換をすると、最初は100%漢字に変換されます。それをカタカナにしたい場合、ローマ字にしたい場合などに便利なのです。

■では早速、使ってみましょう。

流れとしてはこのような流れになります。
--------------------------------------------
【入力】→【Fキー変換】→【確定】
--------------------------------------------
■では、実際に下の手順でやってみてください。

(1)「やまだたろう」と入力します。
  → 変換はしません。
(2)「F7キー」を押してください。
  → 全角カタカナになりましたね。
(3)「F8キー」を押してください。
  → 半角カタカナに変わりましたね。
(4)「F9キー」を押してください。
  → 全角英数に変わりましたね。
(5)「F10キー」を押してください。
  → 半角英数に変わりましたね。
(6)確定の「Enter」キーを押してください。

■なお、それぞれ1回だけでなく、何回か押してみてください。
例えば「F10」キーならば、以下のような順番で変換されます。これまた便利ですよ。
------------------------------------------------
・「windows」→「WINDOWS」→「Windows」
------------------------------------------------
・つまり、「全て小文字」→「全て大文字」→「先頭だけ大文字で以下小文字」

■最後に、1つ注意ですが、普段使われているカタカナ語や英語は、通常の漢字変換(スペースキー)で変換可能です。そちらを使いましょう。
あくまで、通常変換でなかなか表示されないカタカナや英語の時に、1発で思った変換ができるということです。

■それでは、Fキーがあなたのキーボードタイピングのお役に立てることを願って・・・。


入力を速くする裏技

コピペをショートカットキーで【タイピング練習法】

必ずしもタイピング入力だけがキーボード早撃ちへの道ではないことは既にご理解いただけたかと思います。さらにタイピング全般が速くなるために、もう少しパソコンテクニックをマスターしてみましょう。既にコピペをショートカットキーを使って操作している方はこの項目は読み飛ばしてください。

文字を入力するにはキーを押して入力する方法が中心ですが、もしも例えばホームページからの文章を転記したい場合は、自分で入力するよりもずっと早い方法があります。ご存知「コピペ」と呼ばれる「コピー&ペースト(文字等をコピーして貼り付ける)」です。

Windowsではコピペの方法はたくさんありますが、キーボードのキーでやる方法を覚えておくのが最も早く効率よくできます。
早速やってみましょう。

 .灰圈爾靴燭な源をドラッグして選択する
 ◆Ctrl】キーを押しながら【C】キーを押す
 E修衂佞雲茲鬟リックする
 ぁCtrl】キーを押しながら【V】キーを押す

このやり方は、右手でマウス、左手でキーボードというように、両手でサクサクと作業ができるので、慣れればツールバーや右クリックを使う方法よりも本当に早く操作できるようになりますよ。まだ慣れていない方は是非マスターしてみてください。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】
 

入力を速くする裏技

文字の置換(タイピング速度全般を速めるために)

タイピング速度全般を速くするための直接入力以外の方法はまだあります。
例えば、長文を打っていて「パソコン」という単語を頻繁に使っていたとします。そして、入力も最後の方にきて「パソコン」ではなく「PC」という語に変更したいと思ったとします。
そんな時あなたはどうしますか?

1つ1つ「パソコン」という単語をスクロールしながら探して「PC」と書き換えていきますか?もっと簡単な方法があるんです。かなり便利ですので、紹介しますね。

<文字の置換手順>
 Ctrl】キーを押しながら【H】キーを押す
以下の画像が表示される
(※使用ソフトによって若干異なるがほとんど同じ)
文字列置換
「検索する文字列」と「置換後の文字列」を入力する
っ峇垢鮗孫圓靴泙垢、2パターンありますので状況に合わせて操作してください。

●パターンA:全て一括置換したければ「すべて置換」ボタンを押す
●パターンB:もし全てではなく一部は置換せず残したいという場合は、まず最初だけ「次を検索」ボタンを押す。その後は、選択文字を置換する場合は「置換して次に」ボタンを押す。選択文字を置換しない場合は「次を検索」ボタンを押す。

これで、1つ1つ文字を見つけてタイピングしていくよりはずっと早く置き換えることができます。
タイピングの効率化の1つだと思って覚えておくときっといつか役に立つと思います。
------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早撃ち上達法】
 

入力を速くする裏技

究極の早打ちタイピング【タイピング練習法】

これはタイピングというよりもパソコン操作全般のスピードアップなのですが、実はマウスは初心者には便利ですが操作時間がかかる入力機器です。もしもキーボードだけで全操作ができれば、どれだけ早いことか。

つまり、普通はマウスでやるところを全てキーボードを使って操作するのです。それによって、パソコン操作全般の時間をぐっと短縮できます。

私はパソコンインストラクターをする前は技術屋でした。SEというやつですね。で、職場にある秀才の先輩がいて、その人はマウスを使わない人だったんです。タイピングはもちろんのこと、とにかくパソコン操作が速い人でした。もちろん頭脳も優秀!

例えば、

Windowsが起動したら、ウィンドウズキーでスタートメニューを開き、カーソルキー(矢印のキー)でアプリケーションを選択していき、最後はEnterキーで実行。文字の選択もShiftキーとカーソルキーで選択してしまう。太字にするならCtrl+B、保存するならAlt→F→S、印刷するならCtrl+P、終了する時はAlt+F4・・・こんな具合で、すべてキーボードで操作してしまいます。
なので、周りの人も影響されていて、その先輩のいるプロジェクトの人たちは皆、操作がめちゃくちゃ速かったのを覚えています。

ということで、前置きが長くなりましたが、知っておくと便利なキーボード操作で、私もよく使うショートカットキーをいくつかご紹介します。

【Esc】・・・やりかけの操作の取り消し等
【Tab】・・・入力画面などで次の入力枠に移動する
【Shift】+【CapsLock】・・・大文字/小文字の切り替え
【Ctrl】+【Z】・・・操作を元に戻す
【Shift】+カーソルキー・・・文字の範囲選択
【Ctrl】+【A】・・・全てを選択
【Ctrl】+【S】・・・上書き保存
【Ctrl】+【P】・・・印刷
【Ctrl】+【B】・・・太字
【Ctrl】+【I】・・・斜体
【Ctrl】+【U】・・・下線
【Alt】+【Tab】・・・アプリケーションの切り替え
【Alt】+【F4】・・・アプリケーションの終了
【Alt】・・・メニューバーに移動(後はカーソルキーを使って)
【Ctrl】+【Home】・・・カーソルを先頭に移動
【Ctrl】+【End】・・・カーソルを最終に移動

百聞は一見に如かずです。是非試してみてください。最初は遅いと思いますが、慣れると激速になりますよ。

【タイピング練習法(キーボード無料タイピングゲームでタイピング練習)】
 

入力を速くする裏技

住所入力のスピードアップ方法【タイピング練習法】

仕事で住所録の入力や個人の年賀状の宛名入力などで住所を入力することが時々あると思いますが、住所録って意外と入力が面倒なものです。
そこで、住所の入力を速くできる技をご紹介します。

まず、その前提として、システム辞書で「郵便番号辞書」を登録しておいてくださいね。
登録方法は以下のページで説明していますので参考に。
システム辞書の登録

では、実際に住所録を入力してみます。

”當未瞭本語モードで【郵便番号】を打ち込みます。
∧儡好ーで住所が表示されるまで変換します。


それだけです。

例えば、
「192−0001」と入力して変換すると、
「東京都八王子市戸吹町」と表示されますね。


・・・ということは郵便番号が分からないとこの技は通用しないということです(あしからず)。

しかし、郵便番号とセットで入力することも多いと思いますので、それを元に入力していけば良いのです。
住所を文字で入力するよりは、ずっと高速でタイピングができると思います。

実際に100件の住所をタイピングするのはかなり大変です。
ですが、この方法を使えば少しでも楽に速くなります。
お試しください。

------------------------------------------------------------------------
お探しのタイピング情報は、ページ右上の目次からどうぞ。
【タイピング練習法@キーボード早打ち上達法】

ようこそ
【運営ポリシー】
 このサイトは、タイピングを得意とするパソコンインストラクターの管理人が、あなたのタイピングの上達、ブラインドタッチの習得にお役に立てるよう各種情報提供をしています。

 公序良俗に反しないトラバ・コメント・リンクは歓迎いたします。
ただし独断で不適当と判断した場合は連絡せずに削除することがありますのでご了承下さい。